なぜ海外でwifiなのか|セントレアでwifi無線ルーターをレンタルしてそのまま海外へ出発

なぜ海外でwifiなのか

男の人

海外でネットをする手段

海外でインターネットをする手段は主に3つあります。国際ローミングサービスを利用する、現地のホテルやレストランなど、無料wifiスポットがあるところで利用する、そしてwifiレンタルサービスを利用するというものです。

国際ローミングサービスとは

国際ローミングサービスとは、自分が契約している日本の通信会社が行っているサービスで、利用することで、現地で携帯電話などからインターネットへ接続することができます。容量をかなり使う場合は割高になることが多いです。

現地で無料wifiスポットを利用する

海外でインターネットをするときに現地のレストランやホテルなど、無料でwifiができる場所を探し、そこでネット通信を行うことができます。デメリットとして、その場所以外ではインターネット接続ができないということが挙げられるでしょう。そういったことを考えると、wifiレンタルサービスへ申し込みをした方がよいといえます。出国直前でまだ申し込んでいないという人は、セントレアなど主要空港であれば当日受付も可能です。

wifiレンタルサービスのメリット

通信速度が安定

wifiレンタルサービスのメリットとして、通信速度が安定しているということが挙げられます。せっかくの旅行で通信速度が遅いとストレスが溜まってしまいますよね。そういった方はぜひwifiレンタルサービスを選びましょう。

複数人で接続可能

プランによっては一つの無線ルーターで何名か同時にインターネットへ接続可能です。旅行先で家族でインターネットをしたいという人にはとても助かるサービスですね。

プランがたくさんある

データ容量や人数によって実にさまざまなプランが用意されていますので、海外で自分がどれくらいインターネットを利用するかで適したプランを選びましょう。

料金が安い

ある程度不自由しないネット環境が必要であれば、国際ローミングサービスよりもwifiレンタルサービスを利用したほうが安くなることが多いです。料金でサービス会社を比較しながら、お得な方を選びましょう。

広告募集中